インプラント治療とは

*インプラントとは

インプラントは,英語のdental-implantからの輸入語でデンタルインプラントと呼ばれ、単にインプラントと略称されることが多いです。治療法としては、インプラント体を手術的に顎の骨に植えて、インプラント体表面と骨の結合(オッセオインテグレーション)を期待して、3か月から6ヶ月間の治癒期間を待ち、その上に人工歯冠・上部構造(被せ物など)をいずれかの方法(スクリュー、セメント、磁石など)で装着します。

 

ブリッジ義歯と違って、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られることが多く、また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近年、当院でも非常に増加してきていますし、実際、当院で治療を受けられた多くの方が、「良く噛める!」とおっしゃっています。ですから、「第2の永久歯」ともよばれ、現在、実用に供されている人工臓器の中では、最も完成度の高いものであると考えられています。

 

インプラントの構造は、顎骨に埋めるフィクスチャー部と被せ物の支台となるアバットメントからなり、双方が一体となった1ピースタイプ(1パーツタイプ)と別々になった2ピースタイプ(2パーツタイプ)が現在の主流です。当院では、2ピースタイプを使用しています。ですから、フィクスチャーを埋め込むときと、アパットメントをとりつける時の2回の手術が必要(2回法)です。インプラントの広告などでよくあるのが、「1回だけでOK」や「その日に歯が入ります」ですが成功率や確実性が高いのは2回法です。

フィクスチャー人工歯

アパットメント支台

上部構造物インプラント義歯


*インプラントのメリット・デメリット メリット

メリット
天然歯のように顎の骨に固定するので、ほとんど違和感がなく固いものを

 噛むことができるようになる。 

隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない。 

1本から多数の歯を失ったときまで広範囲でカバーできる 

見た目が天然歯に近い

噛む刺激が顎の骨に伝わるので、骨の減少を防ぎ、顎の骨がやせ

 ることを防ぎ、健康なあごの状態を維持できる

 

デメリット 

歯槽骨を切削する手術の必要があり、稀に術後の後遺症を起こすことがある。 

全身疾患がある場合や、口腔内の状態によっては治療できない場合がある。 

骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べやや感染の危険性が高くなる。

 従ってインプラントを維持するためには、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。 

インプラントが骨と結合するため治癒期間が長くなる。

保険外の診療であり、高額である。

 

インプラント治療が制限されるケース(インプラント治療ができない場合もあります)

 

*あごの骨の成長が終わっていない、概ね16歳以下の方

*妊娠中の方

*全身疾患のある方

*歯周病のひどい方

*顎の骨の量が少ない方、骨粗鬆症の方

*糖尿病や高血圧などの慢性疾患のある方(良好な状態にコントロールされていることが条件で治療出来る場合もあります)

*ヘビースモーカーの方(喫煙はインプラントの大敵です)

*チタンへアレルギーを持っている方

 

*院長から一言

歴史的にはかなり長い歴史を持つインプラントですが、ブローネマルク教授が純チタンと骨の組織が良く結合することを発見してから、チタンのインプラントは最も信頼性の高い歯科インプラントとして世界中で100万人以上の方が治療を受けています。当院の患者様も、初期にインプラント治療を受けた方は、10年以上大きなトラブルもなく、インプラントを使用されています。

私は平成21年3月インプラント研究の博士号を取得いたしました。論文の題目は「歯周病患者に対する骨接合型インプラントの治療成績に関する臨床的研究」です。それ以降も、インプラントに関する研修会などに積極的に参加し、インプラント治療の良さは十分に認識しているつもりです。

ただ、当院での治療は「インプラントありき」ではありません。インプラントは「最後の切り札」だと思っています。まずは、その歯を抜かなくても済むように可能な限りの治療を行います。または予防処置をして、残せるだけ残してみます。なぜなら、たとえ1本でも歯を抜くということは患者様にとっては辛い選択だと考えるからです。ただし、専門医の立場から「抜かなくてはいけない」と判断した時は迷わず診断を下します。歯を抜く適正な時期があり、抜いた後適正な治療をしないと更に口腔内の状態が悪化することがあるからです。悪化させるだけ悪化させてしまうと、歯を支える骨がなくなってしまい、最後の切り札であるインプラントもできなくなってしまいます。

 

インプラント治療に興味がある方は、まずは、インプラントのメリット、デメリットをおおよそ頭に入れたうえで、かかりつけの歯科医によく相談してみて下さい。そして、ご自身のお口の中の現状を詳しく知ってください。「インプラントの使い回し事件」などがあると多くの方は歯科医師に疑惑の目を向けられると思いますが、真面目に診療をしている多くの歯科医師は、あなたのお口の中の一番の理解者であり、一番頼れる存在でもあります。どうぞ十分に相談されて、よりよい選択をされることを願っております。